時代錯誤社の出版物

 時代錯誤社の出版物は五月祭・駒場祭の出店、発売日から1週間行われるキャンパスでの街頭販売、社室での販売、BASEでの不定期販売などでご購入いただけます。参考までに各出版物の特徴と価格を掲載します。

月刊『恒河沙』

 月刊『恒河沙』は、時代錯誤社が発行している東京大学のキャンパスマガジンです。

 セメスター期間に月刊で発行することを目標としており、基本的に毎年度4月、5月、6月(7月)、10月、11月、12月(1月)に新刊を発行しています。
 4月号はキャンパス周辺の飲食店を紹介する「駒場ミシュラン」、五月号は各学科の紹介文と過去6年分の底点を掲載し選択特集を行う事が恒例となっております。
 恒河沙バックナンバーのページもご参照ください。

手売り価格

300円

生協価格(組合員)

300円

『教員教務逆評定』

 『教員教務逆評定』は月刊『恒河沙』の小ネタとして始まりました。現在は別冊として各セメスター前に発行しています。学生が教員を逆に評定するところから由来しており、現在も学生のアンケートを基に作成しています。履修決定の参考として多くの東大生に活用されています。

手売り価格

300円

生協価格(組合員)

400円

赤本

 東大受験生への洗礼として、毎年東大の入試会場で配られる「入試予想問題」を何年分か集めた入試予想問題集の冊子を『赤本』として販売しています。今年発売した2023年度版は300ページ近くの分量で圧倒的満足感を誇っています。

2022~2016年度版

1300円

2009-2015年度版

600円

『恒河沙』特別号

 月刊以外にも特別版の『恒河沙』を発行する場合があります。『小ネタ号』は数年ごとに傑作と思われる小ネタを再録して出版するものです。『200号』は記念号として時代錯誤社の歴史を詰め込んだ200ページの特大号となっています。

200号

600円

小ネタ号vol.5

400円