理学部

「理」は「事」と対をなす。四法界において事法界は全ての事物を真実の世界とし、理法界は万物を遍く空であるとし、因縁によって生じるものとする。では理学部は全てを空としているのか、といえばそうではなかろう。むしろ理事無礙法界、すなわち全てが空である理と現実の事物が互いに矛盾せず共存する世界の方が合致しているだろう。そこで、理学部から理事学部と改名することをこの場を借りて提言させていただく。

数学科

とにかく「ややこしい」「分かりにくい」ばかりである。また数式を弄っていればいいわけでもなく、用語を覚えないといけない。代数学で出てきた群とか環とか体とか、もうすでに定義を忘れてしまった。そして不思議なことに「数字の学問」であるはずの数学だが、面白いほど数字が出てこなくなる。いわゆる抽象的な数学である。「受験数学と大学数学は違う」とよく言われるがこれがその一因だろう。教養課程の数学で「大学数学って大したことないじゃん」と思っても、迂闊に手を出さないように。でもまぁ、複素積分は楽しいと思います。知らんけど。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 28 38 28 73.0 76.5 77.5 72.5 75.7 74.6
全科類 3 13 3 73.5 78.5 75.0 70.6 74.9 74.6
2 全科類 13 68 13 * * * #66.5 64.9 70.6

情報科学科

理情を語るにあたって何よりもまず特筆すべきなのは、その常識外れともいえる負担の重さ。時間割を見ると1限が1コマもなく水曜日に至っては2限しか存在しないという至ってホワイトなスケジュールだが、見かけに惑わされてはいけない。3Sになると、全学科民が阿鼻叫喚と化す地獄がそこに広がっている。その元凶は週2日ある2コマ続きの実験と週1日ある演習で、まず定時には帰れない。4限終了時点での進捗が、一般人だと3分の1、ガチプロですら半分に満たないことはザラである。実験の課題と演習だけでもあっさりキャパがオーバーフローするため、ほとんどの人にとって選択授業を取るなどという余裕はまずない。人によってその苦しみを形容する描写は様々だが、一例を挙げるならば「実験の必須課題と演習をやるだけで、ALESSが4つまとめて襲い掛かってきたようなレベル」。無論だが、それに加えて授業もあるし実験の発展課題もある。単位を取るだけでも地獄ならば、無限にある発展課題をやるのはもっと地獄。

更に残念なことに授業での説明も雑で、プログラミング経験者ですらまともに理解できないことも日常茶飯事である。質問したくても聞きたいことが増え過ぎて質問しきれないし、返ってくる答えも大雑把オブ大雑把。

とにかく課題の負担が理不尽と言えるまでに重い一方で、それ以外の点では結構恵まれているらしい。配布される学科PCは本学随一のスペックを誇るし、計数や理物のように学生たちの煽り合戦が起きることは少なく、Slackで何か質問すれば仲間たちはみんな優しく答えてくれる。理学部7号館の地下には学科控室(通称:「地下」)があり、学科民のたまり場として、課題をやることはもちろんスイッチで遊んだりピザパを開いたり、果てには寝泊まりすることも可能だ。それでも残念ながら女子は30人の学科同期の中で1人のみ(しかも2年連続で)。

それはさておき、学科ガイダンスで教授陣は「初心者もしっかりフォローしていきます」とは言うものの、いざ進学してみると全然手厚くフォローしてくれない。すなわち、プログラミングをやったことのない学生が生半可にここの学科を志望してはいけない。というかそもそも、丁寧に教えてもらえる環境がないならその学生にとっても面倒を見る指導者にとっても苦しいだけなのは目に見えているはずなのだし、そこまで大それた幻想をガイダンスで振りまくなよ…と思わずにはいられないが。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 15 33 15 82.5 84.5 79.5 77.7 72.0 71.7
全科類 4 23 4 81.5 83.5 78.5 77.2 71.7 69.4
2 全科類 10 134 10 * * * 73.3 66.6 66.8

物理学科

物理とツイッターしかできない可哀想な人間と、物理学科に進学した自分を変人と思い込む可哀想な凡人しかいない。って、可哀想な人しかいないじゃないか! 理学部の頂点の学科とはいえおつむは足りないようで、節分に教員に豆を投げつけるサムイサムイ内輪ネタを披露したりGPAジャンケンとかいう気色悪い勝負をSlackで行うなど、色々やらかす。やはりSNSばかりやっていると現実での人付き合いが下手になるんですかね? 気になる方は一度講義室を見物しに行くといい。イカ東が大講義室を埋め尽くしているのだ。見渡す限りのイカ東。飛び交うツイッター用語。これを気持ち悪いと思うなら、点数が足りていても別の学科に行ったほうがいい。1限がないのは有名だが、ほとんどのコマが講義と実験で埋まっているので選択科目で1限を取らざるを得なくなる。また院進を前提とした授業となっており、例えば2Aはたった1タームで解析力学や量子力学を詰め込まれる。めげずに頑張ろう。実験は全てのセメスターでやらされるが「前セメスターの実験の単位を取っていないと次のセメスターの実験は取れない」という非人道的なシステム故、実験落単は即留年を意味する。そして院進せず就職する学生は年に数人しかいないが、正直にいうと就職したほうが無難に感じられる。院進するにしても修士でやめよう。博士は死ぬぞ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 42 59 42 80.5 80.5 82.5 80.5 83.1 81.5
全科類 5 21 5 80.0 80.0 82.0 80.1 83.0 81.3
2 全科類 21 88 21 * * * #58.8 80.8 72.9

天文学科

定員10人という狭苦しい学科で大いなる宇宙の歴史を研究するわけだが、もうちょっと定員を増やしてもいい気がする。宇宙を眺める楽しい楽しい学科というイメージがあるけれど、ずっと眺めているわけではない。講義の多くは座学や演習、実験である。そして2Aは演習以外理物とほとんど同じ講義である。星を見るために進学した方には申し訳ないが、天体観測はだいぶ後になってからやります。また留年率がどれほどかは知らないが留年して卒業が遅れたとしても、その数年間は永い宇宙の時間と比べてなんと短いことか、と思えば留年に対して寛大になれる気がする。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 5 18 5 83.0 82.0 79.5 81.3 84.5 82.6
全科類 1 16 1 87.0 81.5~ 81.0 81.2 83.6 79.1
2 全科類 4 47 4 * * * 68.3 80.4 72.5

地球惑星物理学科

たまに「理物・天文志望だけど点数が足りないから」と言って志望する輩がいるがここをそれらの下位互換と勘違いしないでいただきたい。理物天文との共同講義は2Aだけで、3年生以降は普通に学科の授業が行われる。とはいえ、選択で他学科の授業を取ることも可能であるし、事前に申請すれば他学部の講義も卒業単位に入れてもらえる(こちらは8単位まで)。何より学生の懸念材料である卒論がない! 自由度の高い学科なので進学を検討してみてはいかがだろうか。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 15 21 15 71.5 72.0 75.0 73.7 74.3 71.6
全科類 5 10 5 71.5 72.5 75.0 73.1 77.8 70.8
2 全科類 10 95 10 * * * 67.7 73.3 63.4

地球惑星環境学科

地球惑星物理学科と似た見た目の学科だがこちらの方が物理的に強い。2Aは週4で1限があるので朝にも強い。選択必修はABCの三種類あり、Aは野外調査が主、Bは実習と演習が主、Cは座学と巡検が主である。要するに筋肉でなんとかなる単位がほとんどである。内容は鉱物や化石など、少年の心をくすぐるものが多い。そういうのが好きなら入って損はないだろう。ちなみに地物と違い卒論があるので勘違いしないように。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 11 20 11 71.0 67.5 69.5 67.6 61.7 68.5
全科類 2 10 2 76.5 68.0 68.0 66.7 60.7 77.8
2 理科 4 75 4 * * * 64.1 71.0 65
全科類 2 76 2 * * * 60.4 67.8 74.4

化学科

ご存知の通り座学は英語で行われる。どうして日本語で理解していないことを英語でやるのか。なんでも英語でやればいいってもんじゃないから! とはいえ、英語に自信のある方はむしろアドバンテージになるかもしれない。英語化によって底点が下がっているので、点数に自信のない帰国子女にうってつけといえなくもない。また、受験で有機化学を楽しいと思った方は多いと思うが、ここではむしろ有機の方が厳しい場合もある。注意されたし。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅰ 15 23 15 77.5 69.5 69.5 #64.7 65.8 77.3
理ⅡⅢ 10 13 10 68.0 55.5 (~64.0) 60.9 60.9 66.8
全科類 5 11 5 73.5 66.5 60.5 #58.8 65.0 70.4
2 理科 13 74 13 * * * #58.2 #54.7 #62.1

生物化学科

教養課程では必修が多すぎて受けたい講義を受けられないと悩んだ方は多いだろう。しかし! なんと! この学科では2Aは必修が2コマしかないのだ! 万歳! そのうえ申請が通れば指定の選択科目以外も取れるのだ。その反面、3年生になると実験の比重がかなり大きくなる(週に10コマくらい)ので体力が必要になってくる。基礎実験で学んだように実験というものは体力勝負である。気を確かに持て。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 12 18 12 73.0 75.5 66.5 72.1 57.0 63.9
全科類 1 6 1 72.0 74.0~ (???) 72.0 55.8 -
2 全科類 6 71 6 * * * 65.0 #63.7 63.5

生物情報科学科

「情報」の名を冠していることからわかるように、情報数学やアルゴリズムなど数学科や理情がやっている内容もこなす必要がある。数学に強い方がいいという話である。それ以外にもゲノム配列解析や生物統計、進化生態、データマイニングなど、かなり広い分野の内容をやることになる。広すぎて身につくかは怪しいが、興味を持てたら面白い学科だろう。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 6 17 6 80.5 77.0 76.5 74.9 78.5 78.6
全科類 1 11 1 80.0 74.5~ (75.5~) 74.6 77.8 76.8
2 理科 5 72 5 * * * 66.5 66.3 65.6

生物学科

ここに進学した学生は学習のメインを「人類学」か「基礎生物学」か選ぶことになり、その選択に応じて必修科目も変わる。「人類学」を選べばヒトの遺伝学や解剖学そして先史学などを学び「基礎生物学」を選べばそのまま生物科学を学ぶことになる。いずれにしろ実習がほとんどである。また講義室や実験室に篭るだけでなく時には野外実習もある。生物化学や生物情報がミクロ寄りの生物学であるのに対してこちらはマクロ寄りであることも特徴のひとつと言えよう。またここの学科は女子率が比較的高い。生物学が女子学生に人気なのか他分野が不人気なのか、どちらにせよ不可解な話である。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 11 16 11 74.0 77.0 72.5 75.2 73.7 77.2
全科類 2 5 2 72.5 75.5 72.5 74.2 72.0 76.8
2 全科類 10 50 8 * * * 67.3 66.8 72.3
特集トップへ