言語文化学科

言語学専修

院生や博士課程の方がB3・B4と普通に同じ講義をとったりすることが多いためか縦の繋がりが強く、コンパが定期的に開かれる。

毎年安定して理系からの進学者が一定数いる。帰国子女や英強も多く、教材が基本的に洋書。ニッチな言語をやる人も多いが、学部生には地元の方言やネットスラング系をやる人も多いらしい。言語学系の専修は他にも教養学部の方に教養学科超域文化科学分科学際言語科学コースがあるが、より基礎的な言語学を学びたい人、いちいち長い所属名を書きたくないという人はこちらの文学部言語学専修に進学しよう。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) 74.4 #66.5 58.1
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 70.4 60.4 58.9
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * 67.4 - -
全科類 15 178 15 * * * 67.3 53.2 #71.3

日本語日本文学専修(国語学)

古代から現代までの日本語の文法や文字などを微に入り細を穿って探求する学科。別に古文や現代文が苦手でも関係なく、ただただ日本語が好きであればどうにかなるらしい。

ちなみに日本語ヒップホップを愛するあまりここに進学した学生ラッパーがいたらしいと聞き動画を観てみたところ、リリック・ルックス共に時錯の街頭販売にビートを流しました、みたいななんとも言えない雰囲気であった。何をやってもイカ東はイカ東である。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) 68.5 #62.3 #65.1
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 70.6 #71.1 #65.8
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * 64.2 - #74.5
全科類 15 178 15 * * * 67.2 #66.9 -

日本語日本文学専修(国文学)

上代から近現代まで幅広い時代の日本文学を取り扱っている。なぜか美容師専門学校ですか? というくらいド派手な髪色とメイクの女子が多く、毎日顔面十二単大会を繰り広げていらっしゃる。

 最近某鬼ころし系少年漫画の作者が女性だったらしいという件が話題になっているが、この学科に進む君なら日本では紀貫之をはじめとして古くから性別にとらわれず創作活動が行われていたことは自明の事実として心得ていることであろう。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) #52.1 58.0 #62.3
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 71.8 57.8 50.1
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * #62.1 #50.7 #61.9
全科類 15 178 15 * * * 50.5 51.2 #67.0

中国語中国文学専修

昨年自称東大最年少教授が「漢文は趣味の押し付け」などと発言していたが、それに対する東大の姿勢はこの専修の存在からも明らかだろう。尤も、ここに来る人の大半が中国文学を趣味としていることは否定できないが。専攻のホームページには20年以上前の論文も上がっているため読んでおくと参考になるかもしれない。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) #78.0 - #72.0
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - 64.9
全科類 15 178 15 * * * - - -

インド語インド文学専修

日本で生まれ育っているのに何がきっかけでインド文学に興味を持つのかは全く分からない。実際には留学生もいるだろうし、接点がないということに惹かれる人もいるのだろうと推測される。必修の言語はサンスクリット語のみであるが難しく、初修から2年で原典の研究の段階までいくのは結構大変そうである。それが理由か分からないが、大学院で更なる沼にハマる学生が多いようである。また中には海賊版の辞書を推奨する教員もいるようである。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) - - #75.7
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - -
全科類 15 178 15 * * * - - -

英語英米文学学科

通称:英文科。卒論は基本的に英語学、アメリカ文学、イギリス文学の3分野から専門を決めて書くが、書かなくても卒業できてしまうため、書かない人もいるらしい。ある教授は「本当はみんなに書いてほしい」と漏らしていたが、この本音からも分かるように教員は面倒見が良く、また専門分野外でも幅広く対応してくれると言われている。「英語」と学科名にあることが関係するのかしないのか、外資やコンサルといった方面で就職を目指す人がちらほら(そういう人って経済学部に行く人が多いという印象だから意外)。3年からあくせく就活をする人も。大変だなぁ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) #54.2 #58.8 #41.4
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 #67.5 66.5 64.6
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * #61.6 #57.5 #66.0
全科類 15 178 15 * * * 62.6 57.4 60.2

ドイツ語ドイツ文学専修

一昔前は二外といえばこれしかないというくらい幅を利かせていたドイツ語だが、過去の栄光たるや今は見る影もなく、独文には毎年1人入るか入らないかの有様(直近2年間は奇跡的に1人ずつ入ったらしい)。とはいうものの教員のレベルが低いということは決してなく、教養で殴ってくるという被害報告が後を絶えない。なに、辞書で殴られるわけじゃないからへこたれることはない。頑張れ、独文生!

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) - #63.8 #72.4
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - #78.0
全科類 15 178 15 * * * - - -

フランス語フランス文学専修

ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎などを輩出している。西欧文学の中でもとりわけメジャーであるがそれはあまりコース内の立ち位置に影響を与えることはなく、授業は完全に午後であることなど、非常にゆるい様子が伺える。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) #71.5 #63.8 #66.1
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * #64.5 #61.3 -
全科類 15 178 15 * * * #73.6 - -

スラヴ語スラヴ文学専修

変人・奇人が集まるロシア語選択の中でも選び抜かれた人だけが進学を許される。とはいえ赤いサークルのように共産主義思想を全開にする人はあまりいない。「戦争と平和」などフランス語で書かれたロシア文学作品も多いが、きっと意に介さないくらい文学に対する愛情は深いのだろう。東欧の言語もロシア語以外に5つ学ぶことができ、言語オタクにもってこいだ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) - 72.8 #86.5
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - 71.2 -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - 69.4
全科類 15 178 15 * * * - - -

南欧語南欧文学専修

南欧文学と謳ってはいるが実質イタリア文学であり、申し訳程度にスペインやポルトガルの文学も取り扱う。イタリア人の国民性を反映したものかどうかはわからないが、駒場・本郷を問わず他の言語に比べ今セメスターの授業の開講中止が目立つ。院生を含めても学生数は1桁であり、恐らく東大で最も人数が少ない専修ではないか。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) - - -
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - -
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - -
全科類 15 178 15 * * * - - -

現代文芸論専修

欧米近代の文学を中心に世界の文学を超越的に学ぶ学科である。現代文学を学ぶのではなく、あくまで現代的な観点から文学を学ぶということなので、従来の文学研究にはない自由な研究を行うことができる。かなりアクティブな雰囲気の学科で、教員や院生が世界各国色んなところを飛び回りまくっているので、研究室の机の上に外国のお菓子がいっぱいあるらしい。ちなみにここに進学した学生は基本的に3つ以上の言語の授業を履修しなくてはならず、所定の年限で卒業しない人も多いようだ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) 71.8 71.7 #67.4
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 64.4 46.9 59.4
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * x x -
全科類 15 178 15 * * * 63.4 - 70.3

西洋古典学専修

まず、古典ギリシア語とラテン語で書かれたもの全てを扱う学問であることを知ってほしい。二千数百年以上に渡って膨大な資料が存在するので、できないことを探す方が難しい。ホワイトヘッドの言う通り、西洋の学問は全てプラトンに対する注釈である。西洋古典学に触れるだけで分かるが、他の全ての分野の基礎があると言っても過言ではない。扱う資料の都合上、必然古典ギリシア語とラテン語の習得が必須になる。古典語はめちゃくちゃ難しいので最初はひたすらしんどいが、ある程度耐え忍ぶと見える世界が広がってくる。基礎研究文献の大半が英独仏語のいずれかで書かれているので、修士課程以上を見据えるならば英語と合わせてもう一ヶ国語は準備しておきたい。今年から事実上の主任教授が代わり、昨年度まで駒場にいた日向先生が赴任された。ラテン文学の専門家でイタリア語にも通暁しており、温厚な人柄で親しみやすい。ここ数年は院生の専門分野がギリシア・ローマでちょうどよく分布しており、聞けばだいたい答えが返ってくる。最近、研究室に在籍する学生によってDiscordサーバーが建った。ここ2、3年で学士入学者や駒場からの進学者が急激に増えたため、学部が10人を超えて大賑わいになるという異例の事態に(西洋古典学では異例の事態!)。進学してもぼっちで馴染みづらいということがなくなったので安心して進学しよう。人がいないと思って来たのに人がいっぱいいてがっかり、という声もあるが……。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 文Ⅲ 59 46 46 #67.0 #(55.0) #(55.0) #86.6 - -
全科類 14 23 14 65.5 67.5 61.5 - - 77.6
2 文Ⅲ 28 70 11 * * * - - -
全科類 15 178 15 * * * - - 50.5
特集トップへ