農学部

農学部と言えば何を想起するだろうか。無論、酒である。酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ。こんなことを言うと酒イキりだと言われるかもしれないが、農学部に進学すると酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ。実態は知らないが、実際に酒豪は多いと酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ。

生命化学・工学

農学部で最大の専修である。2021年度の定数は79人で、そのうち理Ⅱが42人。大所帯なだけあってそのカバー範囲は広く、専修の中でも「植物・土壌」、「微生物・酵素」、「食品・動物」、「有機・天然物」の4分野にわたっていわゆるバイオサイエンスを網羅している。ちなみにしばしば「農2」と略されているのは、旧名称である「農学部2類」に由来するもの。農学部HPの紹介で「他学部にはないライフサイエンスを展開しています」と、水素水や血液クレンジングを彷彿とさせるような紹介を受けているのが少々可哀想である。

そしてなんといっても農2は酒と縁が深い専修としても有名。なんと酒を造れるのだ。酒豪が集まっているという噂もあるので、我こそはという者は道場破りがてら入ってみるといいかも。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 40 36 36 #3350 #(~3900) 4050 64.8 65.6 69.3
全科類 12 9 9 #3900 #(~3700) 3100 63.2 57.6 65.5
2 理科 32 126 19 * * * 61.1 50.9 51.0

※2018年度に第一段階の理ⅠⅢ枠が無くなった。

応用生物学

名前の通り生物学を応用する。ん? どういうことかって? 要は農業に応用するのだ。農業といえば植物を想起しがちだが、その範囲は昆虫や微生物など資源生物にまで及ぶ。そしてどうやら持続可能という言葉が大好きらしい。ともあれ実習が多いので、興味がある人にとっては楽しいかもしれない。

また、「私応用生物学なんですよ~」と言っている人は十中八九君を騙そうとしているので注意されたい。生物学科っぽい名前の響きを利用して農学部であることを隠しているのだ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 14 10 10 #4600 #(~4100) 4700 #54.0 #64.4 #61.4
全科類 5 4 4 #2900 #(???) 4350 63.0 71.0 #63.6
2 理科 13 59 4 * * * #54.9 #59.1 #58.6

森林生物科学

森林生態系を構成する植物や動物、微生物に関する研究を行う。まあ名前の通り。大学が所有する広大な演習林での実習を軸としている。都会の進学校出身のお坊ちゃんには少々ハードルが高いかもしれないが、ここは少ない友達を増やすチャンスだと思えばいいだろう。昆虫が苦手な人はタヌキくらいから仲良くなってみよう。そもそも昆虫が苦手な人にはこの専修は辛すぎるのだが。

またソフトボール大会やスキー講習なんかもあるらしい。アウトドアでスポーツ万能な人にはぴったりだ。ん? そんな人は東大に存在するのか?

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 4 3 3 #4050 #(~3600) (~3500) 60.2 #52.6 63.4
全科類 2 1 1 (???) #(???) (???) #52.4 63.7 #68.2
2 理科 2 37 1 * * * #57.9 #43.2 #60.8
全科類 4 44 1 * * * * * *

※2018年度に第二段階の全科類枠が追加された。

水圏生物科学

水圏に棲息する生物から、食糧問題や環境問題にまで発展させて学んでいく。農学部らしく実習が多く、浜名湖と油壷の実験所をはじめ、海洋に出ての実習も多く、網を仕掛けて魚をとったりもする。底点が低いので、サークル活動に勤しんで脳みそまで筋肉と化した者には最適だが、船酔いする人には少々きついだろう。美味しい魚目当てで入ると痛い目を見るぞ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 8 11 8 4950 4800 4600 67.2 59.9 #47.2
全科類 3 8 3 4950 4800 4950 62.6 58.6 66.7
2 理科 6 47 4 * * * 59.6 #50.1 #56.3

動物生命システム科学

初ゼミや全学自由研究ゼミナールで「ワンパクなタンパク質を科学する」という小学生向けかと勘違いされるような講義を開いているのがこの専修である。とはいえふざけているわけではなく、簡単に言えば臨床に関することはやらない獣医学という感じである。とはいえ解剖などはちゃんとやるため、動物に全く触れないというわけではない。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 3 8 3 6300 ~4900 5600 71.7 74.4 77
全科類 2 6 2 6150 #(???) 5250 68.1 70.8 74.6
2 理科 3 48 3 * * * #65.5 #68.8 73.5

※2019年度から第二段階の全科類枠追加された。

生物素材化学

「生物素材」と聞いてピンとくるだろうか。料理でも作りそうな名前をしているが、決して料理学校ではない。要は生物が作り出す再生可能な資源「バイオマス」から作られる様々な材料や原料を指すらしい。ここでも農学部が大好きな持続的かつ循環型社会云々の話が絡んでくる。この手の話はもう聞き飽きたという人は農学部はおろか社会にも向いていないかもしれない。ちなみに主な就職先は化粧品会社や印刷会社。国立印刷局にも行けるらしいぞ。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 8 7 7 #3750 #(~3900) #(~4200) 66.8 69.8 61.2
2 理科 6 50 5 * * * #52.4 58.2 58.6

※2018年度に第一段階の理ⅠⅢ枠が無くなった。

緑地環境学

入試を経験した者は里山について散々読んできただろうが、まさしくそうした里山の話が絡んでくる学科である。例にもれず「持続可能」という語が大好き。製図やフィールドワークなどの実習があるため向き不向きがある。2021年度の進学者受け入れ予定数が6人という超マイナー学科なので、人数が少なくすぐに仲良くなれる反面、ちょっと寂しいという声も聞かれる。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 2 4 2 6300 6000 6000 73.3 67.2 71.3
全科類 2 4 2 5800 5500 4900 71.4 74.8 70.6
2 理科 2 46 2 * * * 65.6 66.3 66.2

森林環境資源科学

森林科学専攻のホームページを見ると、応用生物科学課程の森林生物科学専修と一緒に書かれており、非常に分かりにくい。一応生命現象とそれ以外という区別はあるようだが、どちらを選んでも大差は無いという声さえある。頻繁に現地実習がある時期があり、その時期はブラックと化す。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 6 1 1 (???) #(???) #(~3600) #65.6 #70.8 #51.9
全科類 4 1 1 (???) #(~2300) 3900 #58.0 #72.9 #65.5
2 理科 1 42 1 * * * #52.6 #51.4 #53.3
全科類 10 63 6 * * * 64.9 48.5 64.8

※2018年度から第二段階の文科枠が無くなり、全科類枠が追加された。

木質構造科学

木造の建造物や住宅・家具の性能や材料について学ぶ。研究内容を見ると木材という物質について研究しているようであるが、それだけでは人が集まらないのか建築士の受験資格が取れることを売りにしている。結果として工学部建築学科と内容が被っているような気がするが点数は農学部の中で平均的なため、工学部志望でシス創くらいしか選択肢がない学生にとっては穴場と言える。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 5 10 5 4600 4700 #(3100) 63.9 #61.4 60.9
理ⅠⅢ - 73.0 65.4
2 理科 3 50 3 * * * 57.6 54.6 48.6

※2018年度から第一段階の枠が「理科」に統一された。

生物・環境工学

「地域環境工学」と「生物システム工学」、「生物環境情報工学」の3つの講座から成り立っている。環境問題のうち砂漠化や水質汚染などについてはここで扱うようである。理系の中では比較的楽であり、ホームページを見ただけでも教授を含めウェイが多そうな雰囲気が漂ってくる。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理ⅠⅢ 5 0 0 #3200 #(2800) (???) #59.2 #61.5 #55.5
理Ⅱ 11 6 6 (???) #(???) #(3700) - #62.4 #53.0
全科類 2 2 2 (???) - - #55.7 #63.0 #57.4
2 理科 5 59 5 * * * #57.1 #53.8 #48.0
文科 1 10 1 * * * - - 58.0
全科類 12 69 6 * * * * * *

※2018年度から第二段階の全科類枠が追加された。

農業・資源経済学

はっきり言って文系の学問である。これは戦時中、農業経済学科の学生が学徒出陣した頃から変わらない。そのため、文系からの進学者が3分の1を占めるがその大半は経済学部を落ちた、あるいは断念した文Ⅱ・文Ⅲ生である。それでも底点は農学部の中で高めなので注意。また理系の学生は実験に嫌気がさして選んだ学生が多いのではいないか。時間割はスカスカというほどではないが全休は作れそうであり、学科紹介スライドに就活日程が載るなど随所に経済学部を意識している様子が窺える。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 13 20 13 5050 5700 5900 70.6 70.0 69.6
文科 6 11 6 4700 5000 4850 76.9 77.5 73.1
2 理科 8 102 8 * * * 70.6 66.7 67.2
文科 5 81 5 * * * 73.7 75.5 71

フィールド科学

フィールド科学と言われても中身がよく分からないが、要は森から海まで幅広い環境における生態系の保全や管理を扱っている学科である。森林、緑地、都市、里山、湿地、海など様々な環境での野外実習が行えるので、山派か海派かとっさに答えられない優柔不断な人はとりあえずここに行っておけばいいだろう。また、少人数なのでほぼ希望通りの研究室に行ける。「フィ科」というダサすぎる略称さえ許せれば良い専修。発音はフィ→科↑。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 3 2 2 4200 4400 5800 71.7 78.8 73.8
全科類 2 3 3 5100 (???) 5900 71.4 77.8 71.1
2 理科 2 36 2 * * * 69.6 73.4 65.8
全科類 1 51 1 * * * * * *

※2019年度から第二段階の全科類枠追加された。

国際開発農学

国際開発よりもまず足元の食料自給率37%をどうにかしろよ……と考えるのは甘い。現在地球規模で巻き起こる諸問題の解決にはグローバルな連携が必要であり、いつまでも斜陽国家にしがみついているだけの「エリート」ではなく真のグローバルエリートを養成することが求められているのだ。社会科学的な視点も必要となるため、文科からの進学者も多い。学べる分野は「ミニ農学部」と言えるほど幅広く、実習は農場・牧場・森林・臨海・海外の5つもありとてもお得。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理科 9 19 9 4850 4800 4650 63.4 63.0 67.7
全科類 4 21 4 5550 5000 5350 65.9 78.8 67.3
2 理科 3 62 3 * * * 60.8 61.6 64.2
全科類 5 103 5 * * * * * *

※2019年度から第二段階の全科類枠追加された。

獣医学課程獣医学専修

日本では明治10年に駒場農学校から始まった獣医学だが、その適用範囲は動物の医療に留まらない。いま巷で話題のお騒がせウイルスSARS-CoV-2は自然宿主のコウモリから中間宿主のセンザンコウを介してヒトに感染したと考えられているらしいが、獣医学ではこのようなヒトと動物に共通する感染症なども扱っており、公衆衛生においても重要な役割を果たしている。

底点は“農学部の中では”高い方なので特に心配はない。6年制で院試も不要なため、ノーリスクでモラトリアムを延長できる。とはいえ、基本的に毎日午前は座学、午後は解剖などの実習とそれなりに忙しい。

段階 科類 2020 2019 2018 2017 2016 2015
定員 志望者 内定者 底点 底点 底点 底点 底点 底点
1 理Ⅱ 18 28 18 5350 5400 5050 71.4 71.2 74.3
全科類 3 11 3 5200 4900 5150 70.0 71.2 75.2
2 理科 8 36 8 * * * #58.3 #46.7 71.2

※2018年度から第二段階の理Ⅱ枠が理科枠に変更された。

特集トップへ